« 木漏れ日 | トップページ | 鉢が峰 »

2011年11月 6日 (日)

ライト事情

今年になってライトが2つ壊れました。

一つはキャットアイのEL010

30800600754l01

もう一つはトピークのホワイトライト

37910900009l01

どちらもブラケットが壊れて、EL010は知らないうちに落下したようで輪行帰宅途中に無くなってました。ホワイトライトは輪行中に落下に気付いたのですが、ブラケットが折れて飛んでしまっていてはもう自転車用には使えません。

どちらも視認灯としてブロンプトンに付けていたのですが、先日歩道から車道に落下して危ない思いをしました。暗い道で段差が見えなかったのです。やっぱりそこそこ明るいライトでなきゃ駄目ですが、付けっ放しにしたいので高価なライトは付けたくない。

選んだのは、最近自転車乗りの間ですっかり定番になったGENTOSで、パトリオ8と言うモデル。

パトリオ8は単三1本使用タイプで80ルーメンと言うからキャットアイのEL500辺りの2倍程度の明るさです。

20111103_174004_dsc03656

これだけ小さいと、自転車用だけでなくても何かと重宝しそです。

ベルクロ式のバイクマウントでブロンプトンに付けたらこんな風になります。

20111104_140945_dsc03700

夜に試走してみたら明るさは確かにEL500よりはかなり明るい。真っ暗な道を走っていないので断定できませんが15km/h以下の走行ならギリギリ前照灯として使えそうでな感じです。

この明るさでアルミのしっかりした造りで1,780円とは驚きです。

パトリオ9は単三2本タイプでランタイムが長くなっています。(写真上は一緒に買ったバンドタイプのLED視認灯)

20111103_174208_dsc03662

因みに、国産の2,000円クラスのライトはルーメン値で言うと10~20ルーメン程度でパトリオ8の1/8~1/4位の明るさです。

個人的な思いでは、ロードで街燈のない真っ暗な道を走る場合、200ルーメンは必要です。原付のライトが1,000ルーメンと言いますのでそれと同じくらいの速度を出すロードなら最低でもその位の明るさは必要だと思うのです。なので、このライト、ロードに付けるにはちょっと力不足かな。

DOSUN-Axシリーズは昔からの製品で、キャットアイからもEL540なんて言う200ルーメンクラスのライトが出ています。100ルーメンを超えると歩行者とか対向車が眩しくないかと気を使うので自転車用の配光になったこれらの製品も気になる存在です。

3,000円以下で900ルーメンを公称するライトもありますが、電池と充電器がかなり危ないらしい。充電していたらガレージが燃えたなんて言う物騒な噂も聞きます。国産の安全な電池18650とその充電器が販売されたら欲しいのですけどね。

|

« 木漏れ日 | トップページ | 鉢が峰 »

コメント

こんちわっす。自転車用のライトは・・・壊れやすいですね。
私は水中ライトのINON-LE250を自転車用に使って2年超えました。余裕で新記録です。自転車用ライトは何故これくらいの堅牢なライトを出さないのかメーカーに問い詰めたくなります。時々LE550に替えますが、単三×3でこれは明るいですよ。電池保たないけど。

投稿: EDO | 2011年11月 6日 (日) 02時02分

EDOさん、おはようございます!
自転車用ライトはプラスチックなので、落としたり、折り畳みの時にどこかと干渉したりするだけで壊れてしまいますね。
EDOさんのライトも良いライトで、水中ライトで尚且つ撮影用ライトだったような。
一度、手に入れて遊んでみたいのですが、高価で躊躇してます。東急ハンズの隣のビルで売ってたような記憶があります。(軽いライトフェチです^^)

投稿: breezing | 2011年11月 6日 (日) 08時18分

今晩は

ゲントスのライトは小さくても明るくて、安くて良いですね。

私もゲントスの閃305を使ってます。(真っ暗だとこれだけだとチト照射範囲が狭いですが)
もーネコメ何て使い物にならんなと思っていたら、今度出たHL-EL540は広範囲が明るくて良いそうですよ。

投稿: RAJYA | 2011年11月 6日 (日) 21時53分

RAJYAさん、こんばんは!
ライト業界は中華ライトが市場を制圧しましたね。SureFireなんかもあまり見なくなってきました。(軍隊方面では今後も必需品でしょうけど)
ねこめはん、巻き返してきましたね。私は御国贔屓なので頑張って欲しいです。

投稿: breezing | 2011年11月 6日 (日) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木漏れ日 | トップページ | 鉢が峰 »