自転車パーツ

2012年9月 5日 (水)

タイヤが劣化したらどうなるか?

こうなります。

20120904_174050_010


写真の通り、ひび割れだらけで普通の人は怖くて乗れないでしょうが最後にどうなるのか興味があって乗っていたらこうなりました。

この部分はコブになって、乗っていたら小石を踏んだような衝撃が周期的に感じるので間もなくバーストすることが判ります。

タイヤはSCHWALBE(シュワルベ)のDURANO(ディラノ)24インチで、ここからの粘りが強くて10km走って自宅までたどり着けました。MR4Rオリジナルのケンダならこうなったら数十mでバーストします。

結論

こんなことになる前に交換したほうが賢明です。汗)

| | コメント (6)

2010年5月 5日 (水)

ハンテンのシフター

ハンドメイドサイクルさんで、ハンテンのシフターをグリップシフトからレバーシフトに換えてもらいました。

20100501_190258_s001

長距離走るようになってから、シフトチェンジを頻繁に行うようになったと言うか、シフトチェンジを頻繁に行うから長距離走れるのですが、グリップシフトですと、50kmほど走ると掌が痛くて乗れなくなるのです。

グリップもゴムの厚いものに交換しました。

20100501_190331_s001

これで、50kmほど走っても手は痛くなりません。でもハンテンはママチャリポジションなので、お尻が痛くなります。重症になる前に20~30分休憩すると大分回復するのですが、何となくハンテンでは50kmほどで走り終わりにしています。本気で乗ったら何キロ位走れるのでしょうか、ちょっと興味もあります。

| | コメント (0)

2009年9月18日 (金)

ULTEGRAのブレーキ

今日、ブレーキをULTEGRA-SLに換装したTCRを引き取ってきました。

試運転に少しナイトライド。

ULTEGRAのブレーキはもの凄く良く利きます。これまでテクトロしか知らなかったので、私の中ではテクトロも十分良く利くブレーキだったのですが、今までの調子でブレーキを引くと体が前に投げ出されそうなほど利きます。

Sn3j0004_640

テクトロでもタイヤがロックしてしまう位は十分利くので危険なブレーキとは思っていなかったのですが、ULTEGRAは弱い力でガツン、グウ~って利く感じです。急勾配が長く続くダウンヒルでは、手が楽でしょうね。蔵王峠の和歌山側ダウンヒルとか。

この利きに慣れてしまうと、MR4Rのブレーキも105以上に換えなければ危ないような気がします。こうして、皆さんテクトロのブレーキは使えなくなっていくのでしょうか。

| | コメント (0)